吉井和哉という存在も、本当に凄いスピー

吉井和哉という存在も、本当に凄いスピードで成長していったの。まだ歌えてはいないんだけど、どんどん存在感が出てきた。ォーカリストが真ん中にいて華がある。そういうのは物凄く好きだから、その理想のバンド形態と吉井和哉の存在が、どんどんオーバーラップしていった。