貯まる仕組み

我が家、共働き正社員でやっていますが、長女出産以降は私は時短で給与は下がっています。

旦那も私も、もともとあまり残業はしないので、残業代はほとんどなし。現在、私の場合は時短中で残業できないことになってます。

だから、残業代は計算外で、収入は一定。

毎月の貯金額は正直多くありません。その代わり、ボーナスのほとんどが貯金。一部資産運用ですが、まずは預貯金を増やすことが最優先です。

子ども手当は子供の通帳にという家庭もありますが、我が家では普通に貯蓄用の口座に。子供の学費も貯蓄用の口座から出すつもり、いや目的別に貯めていないので、全部貯蓄用の口座入れてあります。各家庭によって様ですが、我が家はこれが楽。

何と言っても、楽なこと、そして残高が着実に増えていくのが貯めるモチベーションになってます。

お金の管理、いかに楽にやるかというのが、貯まる仕組みです。だから、先に貯金してしまうのがいい。会社にもよりますが、2つの口座に入金してくれる会社もあります。これ、使わない手はない。初めから別口座に入金されると、無いものという意識でやりくりできます。

あとは貯金額はムリのない金額に設定。ここ大事。頑張りすぎるとムリが出て、つい使ってしまうので注意。我が家はその点、個人の采配分を多めにしているので、家計とは別に自分のお小遣いのやりくり次第で余裕ができたりも。家計もキツキツではないけど、余裕がある状態にはしてないので、このお小遣いのやりくりがストレスをためないポイントになってます。

お酒はほとんど飲まないけど、買い物大好き夫婦なので。

こうやって、ある程度自由な部分があるから、ボーナスだからと何か買おうとはあまりならない。とはいえ、全額貯金にはしません。家電の買い替えや親戚へのお中元、お歳暮など季節の挨拶で発生する必要経費やレジャー費として使う分もありますから。でも、帰省費用は年間計画に組み込んであるので、ボーナスの使い道にはしない。

子供が小さく、旅行が難しいのもありますが、レジャー費は会社の福利厚生を利用したりしており、安く済ませることも多いし。

と、日の生活でうまくガス抜きしていれば、極端なストレス発散は必要なし。あとはうまくメリハリつけると、もう少し貯められたり、旅行費用を捻出できるのかなと。

まだまだ改善点もあるけど、自分の家庭にあった方法を見つけられたら、貯まる!

今年、来年あたりには、年間貯金額プラスにして、旅行行きたいなー。

広告を非表示にする