詩篇18父を求めよ

詩篇18ダビデ勝利の歌

父よ、わたしの力よ、わたしはあなたを愛する。

父はわたしの岩、砦、逃れ場、

わたしの神、大岩、拠り所、

わたしの盾、救いの角、櫓やぐらとは古代よりの構造物建造物、または構造などの呼称。矢倉、矢蔵、兵庫などの字も当てられる。

怒り狂う敵に向かう時、わたしは父に呼び求め、敵から救われる。

死の波が怒涛のように寄りよせ、奈落の激流にわたしはおののいた。

土の底の綱に縛られ、死の網が仕掛けられている。

彼らはあくどい計画を止めません。

苦難の中から父を呼び求め、

わたしの神に向かって叫ぶと、その声は神の宮殿に響き、

わたしの叫びは父の耳に届く。

父の怒りにあって地は揺れ動き、山の基は震動しそれらは揺らいだ。

父の鼻からは煙が噴き上がり、その口から炎が出て火となり燃え上がる。

父は天空を傾けて降り、暗雲を足元に踏み従え、

ケルブ天使に乗って飛翔し、風の翼に乗って飛び馳せる。

暗闇を覆いとし、暗い雨雲、立ちこめる霧を幕屋とされる。

み前に輝く光に雲は従い、雹と火の雨が横切る。

父は天空から雷鳴をとどろかせ、いと高き神はその声を響かせた。

父の矢は飛び交い彼らを散らし、稲妻は閃光して彼らを敗走させる。

父よ、あなたの神威に海の底は姿を現し、あなたの激しい息に地の基が現れた。

父は高い天から派遣者を下してわたしをつかまえ、大水の中から引き上げてくださる。

わたしよりも強い者、強い敵から父は、わたしを憎む集団から救う。

災いの日に彼らはわたしに襲いかかったが、父はわたしを救われた。

わたしを愛するがために、わたしを広い所に導き出し救われた。

父はわたしの信仰に従って恵みをくださる。

わたしの手の清さに応じて報いられた。

わたしは父の律法を守り、わたしの神に背かない。

わたしは父の律法をすべて前に置いて、父の掟を遠ざけない。

わたしは父に対して純信であろうとし、罪から身を守る。

父の目の前においてわたしの手は潔白であり、

それゆえ父はわたしの信仰に応じて報いてくださる。

忠実な人に対してあなたは忠実に行い、

すべて無垢な人に対してあなたはすべて無垢な方として行い、

清潔な人にはあなたは清く行い、

心のねじ曲がった人には背を向けられた。

まことにあなたが困窮にある民を救われ、高ぶる目を下げられた。

父よ、まことにあなたがわたしの前に灯をともされ、

わたしの神よ、あなたはわたしの暗闇を照らしてくださる。

あなたによってわたしは障壁を乗り越えて、

わたしの神によって城壁を飛び越える。

この神の道は完全であり、父の言葉は練り清められている。

この方こそが彼のもとに逃れるすべての者の盾となる。

まことに父以外に誰が神であろうか。

わたしたちの神のほかに誰が岩であると言えるのか。

この神こそがわたしに力を帯びさせていただき、わたしの道を完全に仕上げていただける。

わたしの足を雌ジカのように俊足にし、高い丘にわたしを立たせてくれる。

わたしの手に戦いの技術を教えてくれ、わたしの両腕は青銅の弓をたわめさせる。

あなたは救いの盾をわたしに授け、右の手でわたしを支えてくださる。

あなたの補助がわたしを強い者としてくださる。

わたしの両足は大きく歩幅を保ち、わたしの足のくるぶしはよろめくことがない。

わたしは敵どもを追って絶ち滅ぼし、彼らを滅ぼし尽くすまで引き返すことはない。

わたしが彼らを絶やして砕き散らすと、彼らは立ち上がらずわたしの足もとに倒れる。

あなたは戦うための力をわたしの身に帯びさせ、刃向かう者をわたしの下に屈服させ、

わたしの敵どもが背を向けたところを、わたしの仇敵として打ち滅ぼした。

彼らは助けを求めて叫ぶが、見回しても助ける者は現れず、

吹く風に向かって叫んでも、静まり返り答えはない。

わたしは彼らをすり潰して風の前の土くれとし、路地の泥のように押しつぶす。

あなたはわたしをわが民の争いから解放し、わたしを諸国の国主として見守ってくださり、

わたしの知らぬ諸国民もわたしに仕え、

噂にわたしのことを耳にして異国の人もわたしに従う。

敵国の人は力がしおれ、恐れ慄いて隠れ場の砦から出る。

父は生ける神、たたえようわたしの岩を。

あがめようわたしの救いの神。

この神はわたしのために報復してくださり、諸国の民をわたしのもとに屈服させる。

敵の手からわたしを奪還し、刃向かう者からわたしを引き上げ、

怒り狂う者からわたしを救い出した。

それゆえ父よ、諸国民の中であなたをたたえ、そしてあなたの名をほめ歌うのだ。

父は王に勝利を与えて偉大なものとし、

油注がれた人を、ダビデとその子孫を永遠まで愛を示される。

詩篇