幸せのかたち。

今日は、今日しかないって直感に従って行きたいところに行ってきた。

それでわかった。

どんなに好きでも

供給過多になり過ぎたり距離が近くなり過ぎると

本来の幸せを感じられなくなるってこと。

ほんとに若干気持ち悪くなってた。

見たり聴いたり手に入れられたものは

それはそれで嬉しかったけど

自分が本当に満たされる幸せではなかった。

こちら側がお金を払って

向こうの都合に則ってただ与えられるのを待つようなものは、私にとっては違った。

あんなにお金をかけなくても

心がじんわりあたたまるような嬉しさとか幸せは

一人でも生み出せてた。

日に当たったり、良い香りに出会ったり

ゆっくり自分のペースで歩けたり

天気のいい日に風に吹かれたり

木漏れ日を眺めたり、今までたくさんあった。

こちらが受け身になるだけのお金のかかることって

かけた分だけ期待をかけてしまう。

それに前の日の夜また少し辛いことを思い出してしまったから、その分いい日にしたいって気持ちが急いてた。

行きはとってもよかったのに。

昔大好きだった懐かしい音楽を聴きながら

どうなるかわからない今日を楽しんでた。

焦りとか切迫感って些細なことで生まれてしまうから

一日を完璧な日にするのって難しい。

一旦家に戻らなきゃいけなくなったから

今日はそのとき一段と子供に戻って

いっぱい泣いて叫んだ。

でも、わがままとか自分が悪だと思っていた感情を

今日で少し許せた気がする。

全部ただそこにあるだけなんだって

心でわかってきた。

どうしようもない感情の先に

本当に自分が思ってたことが浮き出てくる。

素直で誰の批判も無効になっちゃうような心の部分。

そこが見えてくるまで向き合ってあげる。

今までもそうやって自分の心を大切にできるようになった。

重過ぎる痛みが数え切れないくらいあるけど

何とか一つずつほどいていきたい。

それまで自分をとことん幸せにしよう。

今日は、自分が求めてる幸せがどういうものなのか

わかってよかった。

それと、もう一つわかったこと。

行きたい場所や欲しいものよりもずっと

人と話したかったんだってこと。

今までの痛みとか悪意で

今は人と話すことができないけど

それでも誰かと、挨拶に伴う目線とか笑顔とか

そういう些細なやりとりだけでもしてみたかった。

違和感がないようには振舞ってたけど

やっぱり苦しさは拭えなかった。

この人いいなって人も、会って話してみたいって人も

日常生活の中でたくさん見つかるようになったのに

今までの痛みのせいで近づけないし何も相手に差し出せないことが悔しくて悲しかった。

いい瞬間もあったけど

今日はいつもより苦しいことが多過ぎたかな。

明日はまた少し休もう。

広告を非表示にする