認知症両親の介護母の手続きで施設からお出かけ

母の書類の手続きの期限が迫っていて、でも連日の猛暑。

母とのお出かけのタイミングをいつにするか、ひと月ほど悩んでいた私と妹次女。

この手続きと母とのお出かけと猛暑という3重苦が私と妹次女にとってはかなりのストレスになっていましたが、ついに今日決行できました。

認知症の家族の諸手続きは大変です、状況に応じて段取りが必要なので。例えば、

事前に揃えなければならない書類のための手続きと証明書、当日必要な書類印鑑一式の準備。

母と一緒にお出かけするために必要なグッズの準備、手続き中に暴言暴行動が出ないよう体調に合わせた対応、水分補給のタイミングなど詳細な行動計画。移動時間中のスキンシップやおしゃべり、休憩のタイミング。車酔いしないような工夫。万が一車酔いした場合の準備。

猛暑というだけで不穏になる母なので、日よけ帽子、日傘と暑さ対策タオル、うちわ、一方冷房への寒さ対策はおりもの。

神経質すぎて調度いいのがこの準備です。

これだけ準備しておけば大丈夫と自分たちが思えること自信はいざというときの対応に差が出るということを経験済み。

母の安心のために、まず自分たちが安心できていることは欠かせません。

お出かけは。

まず施設に電話連絡し今日の母の体調を聞いてお願いしました。

事前準備に必要な書類と道具などの装備を確認して出発。

施設でケアマネさんと打ち合わせ。

母を迎えて、車へ移動。

これは最初の難関。スムーズに車に乗れるかどうかで外出できるかどうかが決まるというドキドキ。

手続き場所へ移動。

移動中の車内で今日何をするのか?母にどうしてほしいか?何回も詳しく説明して納得してもらう。その間母が不安にならないよう、笑顔で楽しく母に寄り添ってスキンシップしながら、誠実に接する。

手続き場所で

母にここがどこで何をするのかを何度も優しく説明し、さらに手続き中は今何をしているのか?なぜ手続きしなければならないかを何度も説明し、すぐに不安になる母に安心してもらう。集中力が続きにくいので、可能な時は建物の外に出て母の興味のあるみどりやお花をみておしゃべりする。

手続きは私たち姉妹が想定していたよりもはるかにスムーズに進んで、さらに将来困らないような提案をして頂いて、その場でできる手続きをさらに追加で行い10枚ほどの書類作成に1時間ほどを要したものの、無事終了。

少し移動し休憩

手続き場所から帰り道にある物産館の駐車場でティータイム。

移動で疲れた母、水分補給とスイーツをいただく。

私が母と車内で待っている間に、妹次女が物産館でお茶とスイーツを購入。

おしゃべりしながらくつろぐ。

施設へ

施設についたら園長に手を引かれておとなしく移動してくれる母。

優しい園長に感動。

ケアマネさんに報告。ケアマネさんの提案通りにして、うまくいった今回の件感謝です。

楽しいお出かけのあとは名残惜しんで不穏になる母というパターンは相変わらずで心が少し痛みました。

細かい気配りで疲れ果てましたが、心地よい疲れ。

手続きがうまくいったこと、母と穏やかに過ごせたことに安堵しました。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

松元佳子

認知症介護家族アドバイザーとして認知症介護の相談を受付中です。

詳細

認知症介護における疑問相談はありませんか?

認知症介護相談

20年以上に及ぶ経験から相談者に合わせた提案をいたします。

通所介護介護施設の選び方、探し方は?

病院受診のコツ?

生活やお出かけなどのお役立ち情報は?

認知症の家族との接し方、言葉のかけ方などは?

介護する側の気持ちの持ち方、考え方などは?

2気軽に雑談形式の相談

とにかく話を聞いてほしい。

気楽に相談できる人がいない。

前向きに介護していきたい。

これから両親のことが心配だ。

予約方法

メール

gmailcom

の部分をにかえてメールください。

申込当日中に受付確認の返信がない場合は、再度お申込みください。

メールに記入する内容

1件名

認知症介護相談または雑談形式の相談

2本文

1お名前よみがな

2相談内容を具体的に箇条書きでお書きください。

例えば、

相談したい内容についての現状、状況

相談したい親対象者の性格、生活状況、人間関係、関わる介護や医療関係者必要に応じて可能な範囲で

相談者はこれから現状をどのように改善したいのか?

など。

料金について

1回3000円〜

詳しくは、メール時にお問い合わせください。

〜〜〜〜〜〜

松元佳子

facebook

Instagram

ほぼ毎日更新中!

Twitter

認知症介護に関するお問合せ

メールアドレス

gmailcom

の部分をにかえてメールください。